どんりゅう庵

「三陸鉄道まちあるきMAP」(岩手県三陸地域資源活用観光プロモーション事業の支援で作成)に、途中下車してのぶらり旅に厳選された8駅のひとつ大槌駅周辺の飲食店として、コミュニティハウス「どんりゅう庵」が掲載されました。

「復興支援で移住されたご主人のお店。・・」と紹介され、ひょうたん島庵カレーの写真もあります。(写真下部 大槌駅の左)

英語のIwate Sanriku Tourist Guide Fukko Naviにも紹介されました。(写真中央上にひょうたん島カレ-)


 

焼き立てパン「モーモーハウス大槌」および、コミュニティハウス「どんりゅう庵」につきましては、下記のとおり休業日とさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

■ゴールデンウィーク休業日

 令和3年5月2日(日)~令和3年5月5日(水)

   ※令和3年5月6日(木)より通常営業を開始いたします。


 

令和2年9月に震災機構直営のコミュニティハウス「どんりゅう庵」に開設した「大槌コミュニケーション ステーション」で活躍中の天沼士郎さんが令和3年1月30日付の岩手日報「津波てんでんこ」欄で紹介されました。

大槌コミュニケーション ステーションは、日常生活で生じる様々な事象・トラブルに対するサポートを行いながらコミュニケーションの絆を深めていく活動を行っております。

 ※岩手日報令和3年1月30日付

 ※この記事は岩手日報社の許諾を得て転載しています


 

震災機構直営のコミュニティハウス「どんりゅう庵」は、このたび、日常生活で生じる様々な事象・トラブルに対してサポートする「大槌コミュニケーション ステーション」をどんりゅう庵内に開設しました。

震災機構は、地元の方々の生活サポートをしながら、コミュニケーションの絆を深めていくという震災機構の基本的テーマを実践して参ります。


 

岩手県の三陸鉄道リアス線大槌駅前にある震災機構直営のコミュニティハウス「どんりゅう庵」は、令和2年7月14日(火)から火曜日を定休日とし、日曜日は開店することとなりました。

「どんりゅう庵カレー」と、2種類のカレーが味わえる「ひょうたん島カレー」(令和元年3月「おおつちジオフード」に認定)が特に人気です。是非お立ち寄りください。

スタッフ一同お待ちしております。地図はコチラ

どんりゅう庵建物外観

 

岩手日報(令和2年1月20日付)に紹介されたコミュニティハウス「どんりゅう庵」

※岩手日報令和2年1月20日付

※この記事は岩手日報社の許諾を得て転載しています。


 

一般社団法人 大槌町観光交流協会様のサイトは、大槌町の各種イベントをはじめ、代表的な観光名所、宿泊先、食事処などが紹介され観光客やビジネスで大槌を訪問する人々に役立ちます。

サイトの「食べる」欄に、カレー店として唯一、コミュニティハウス「どんりゅう庵」が掲載されています。是非ご覧ください。詳しくはコチラ

 


 

震災機構直営のコミュニティハウス「どんりゅう庵」に新メニューが登場しました。「ひょうたん島の鹿カレー」と「どんじゃ麺」です。

 ひょうたん島の鹿カレーは、令和2年5月27日(水)どんりゅう庵にてNHKや朝日新聞他多数のメディアも参加して行われた「大槌ジビエ 鹿カレー試食会」にて好評を博したカレーです。

三陸海岸の内陸部に広がる北上山地にはブナ科の落葉広葉樹が多く、そのドングリなどの果実をたっぷり食べて育ったニホンジカは、牛肉や豚肉等に比べて脂質が少ない一方、タンパク質、鉄分、ビタミンB2等の栄養が豊かな肉と言われています。6月6日(土)から数量限定で登場します。

是非 味わってみてください。 

朝日新聞に掲載された記事はコチラ

「どんじゃ麺」は6月1日(月)から登場しました。

 

【コミュニティーハウス どんりゅう庵】 

住所:〒028-1116  岩手県上閉伊郡大槌町本町1-17 

          (三陸鉄道リアス線大槌駅前)

TEL:0193-41-1777 FAX:0193-41-1777

営業時間:午前11時~午後7時(定休日:祝日)

 

どんじゃ麺

 


 

岩手県三陸鉄道リアス線大槌駅前のコミュニティハウス「どんりゅう庵」の植山竜太郎職から新メニューの写真便りが届きました。

どんりゅう庵で2月12日(水)より販売するパフェです。
パフェ単品は300円、カレーとセットの場合は200円です。

 

 

コミュニティーハウス どんりゅう庵」 

住所:〒028-1116  岩手県上閉伊郡大槌町本町1-17 

          (三陸鉄道リアス線大槌駅前)

TEL:0193-41-1777 FAX:0193-41-1777

営業時間:午前11時~午後7時(定休日:祝日)


 

令和元年12月18日(水)、どんりゅう庵にサンタクロースがやって来たとの便りが植山竜太郎職員から届きました。

 

サンタクロースは、神奈川県のキャンプ座間の毎年サンタデリバリー活動をされているアービンローレンス様とリカローレンス様の御一行です。震災機構の横浜事務所との打ち合わせにより、岩手県の被災地各地を訪問されている途中、大槌どんりゅう庵にもお立ち寄り下さり子供たちにクリスマスプレゼントを贈って下さいました。

どんりゅう庵の後、近くのワーカーズコープ ねまれや(地域共生ホーム)ポコアポコにも寄られ子供たちの大歓迎に会いました。

大きな体のサンタさんとトナカイさんに子供たちは大喜びでした。

毎週火曜日と金曜日の「パンの日」は、モーモーハウス大槌が焼き上げたコッペパンと、どんりゅう庵がコラボした「●●パン」をどんりゅう庵で販売しています。12月20日(金)には「チキンコッペ」と「ちょこバナナコッペ」の新作を売り出したところすぐに完売したとの便りが植山竜太郎職員から届きました。写真は、どんりゅう庵チキンのクリームソースのコッペです。


 

令和元年12月22日(日)、三陸鉄道大槌町駅前のどんりゅう庵のすぐ隣に「三陸屋台村おおつち〇〇(まるまる)横丁オープン」との便りが、植山竜太郎職員から届きました。初の本格的な飲食店街ができるのは震災後初めてで、町の新たなにぎわいの拠点となることが期待されます。 横丁は平屋2棟に居酒屋やジャズ喫茶など9店舗が入居します。


 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル10階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475