どんりゅう庵

岩手県大槌町にある弊機構直営のコミュニティ・ハウス どんりゅう庵スタッフから、3月23日に全面開通した三陸鉄道リアス線大槌駅(愛称:鮭とひょうたん島の町)の新装された駅舎のパンフレットが届きました。

 

2011年3月11日の東日本大震災津波により流失した駅舎は、2019年1月31日に竣工しました。鉄骨造平屋建てで、建築面積181.05㎡、駐車場(15台)、駐輪場(141台)が設置され、1Fには、大槌町観光行為流協会と飲食店、2Fには屋上デッキが設けられています。

 

パンフレットには、ドン・ガバチョやトラヒゲなどの懐かしいテレビ人形劇「ひょっこりひょうたん島」の登場人物が紹介されています。

 

元NHK「ひょっこりひょうたん島」ディレクター武井博氏はコメントします。「ひょうたん島は夢の島、大槌駅は夢の駅 聞いてください旅の人 大槌町の「蓬莱島」はひょっこりひょうたん島そっくりな、輝く『オラがひょうたん島』 正午になると、昨日も今日も「ひょうたん島」のテーマ・ソングを町民に送り続ける希望の島。 見に来てください その島を 今日も、あなたを待っています!」

 

弊機構は、コミュニティ・ハウス どんりゅう庵の新施設を大槌駅前に現在建設中で、令和元年8月オープン予定です。

 

令和元年8月オープンを目指して、岩手県大槌町の幣機構直営のコミュニティハウス どんりゅう庵の新施設建設が着々と進み、3月12日に始まった基礎工事は、ほぼ1か月で完成間近となりました。

 

どんりゅう庵の植山竜太郎職員から工事の模様を伝える写真が届きました。

 

 写真は、どんりゅう庵新施設を設計監督する上田知正東京造形大学教授と藤清工務店さん。2枚目は大槌駅前に建つ「ひょうたん島」初代大統領のドン・ガバチョ像と上田先生のツーショット。3、4枚目は鉄筋が整然と敷き詰められた基礎です。

   

岩手県最大の日刊紙の岩手日報の3月28日(木)付朝刊に、に弊機構直営のコミュニティ・ハウスどんりゅう庵の「ひょうたん島カレー」が大槌町三陸ジオパーク推進協議会の「おおつちジオフード」に認定されたことが報じられました。

 

今回の「おおつちジオフード」には、「ひょうたん島」のモデルの一つとされている蓬莱島をイメージしたどんりゅう庵の「ひょうたん島カレー」と、他社の「ひょうたん島クッキー」の2商品が選ばれました。 記事によりますと、植山竜太郎職員は「認定により、大槌のひょっこりひょうたん島をさらに広くPRできる」と喜んだとのことでした。

 

どんりゅう庵の「ひょうたん島カレー」は、「おおつちジオフード」の認定を受けたことから、今後、会員制交流サイト(SNS)や県内マス・メディアや大槌町ウェブサイトなどで広く宣伝されることとなりました。

 

弊機構は、どんりゅう庵を東日本大震災の翌年の2012年3月に大槌町役場前に開設し、被災された方々へ物心両面から支援することを目的に活動を続けています。支援活動を行う各種団体・ボランテイア活動をする人々の交流拠点としての役割を担ってきました。鎌倉の有名店のシェフを招へいし現在まで5万食を超えるカレーを原価で提供、大好評を得ています。施設では定期的に音楽・健康・学習・文化など様々な会を開催し、住民の憩いの場としても親しまれています。

 

2018年6月から大槌シーサイドタウンマスト1Fに入店し、2019年8月には大槌駅前に新施設にてオープン予定です。

 

 

写真は、岩手日報、ひょうたん島カレーと認定式の植山竜太郎職員(前列右)です。

 


 

8月オープンを目指して、岩手県大槌町の幣機構直営のコミュニティハウス どんりゅう庵の建設が着々と進んでいます。

 

どんりゅう庵スタッフから、進行中の基礎工事の写真が届きました。

 

工事現場の向こう側には三陸鉄道リアス線の大槌駅の駅舎が見えます。

 

 


 

2019年3月27日(水)、岩手県大槌町にある弊機構直営のコミュニティ・ハウス どんりゅう庵の「ひょうたん島カレー」が、大槌町三陸ジオパーク推進協議会の審査を受け、正式に「おおつちジオフード」に認定されました。

 「おおつちジオフード」とは、大槌町三陸ジオパーク「ジオサイト」(例:蓬莱島、浪板海岸、源水川とイトヨ生息地等)を積極的に活用しているメニュー・商品です。認定を受けると、県内マス・メディアでの紹介や大槌町ウェブサイトに掲載されることとなります。 

なお、3月28日付岩手日報に認定式の記事が掲載されました。

 

写真は、大槌文化交流センターでの認定式の植山職員(集合写真前列右)と、大槌湾に浮かぶ蓬莱島(ひょうたん島)をモチ-フにした「ひょうたん島カレー」です。

 

 


 

2019年3月23日(土)三陸鉄道リアス線が全線開通し、午後12時2分に一番列車が「鮭とひょうたん島の町」大槌駅に到着しました。

一大合唱・合奏番列車を迎えたのは地元大槌学園吹奏楽部をはじめとする大槌ブラス隊と大槌コーラス隊150人による「ひょっこりひょうたん島」の大合唱・合奏でした。

 

どんりゅう庵スタッフからは「出迎えた大勢の方々が集まり、本当に皆さんが待ち望んでいたのが良く感じられました。」との便りが届きました。

 

♪♪ 苦しいことも あるだろさ 悲しいことも あるだろさ だけど ボクらは くじけない 泣くのはいやだ 笑っちゃおう 進め! ひょっこりひょうたん島 ♪♪


 という「ひょっこりひょうたん島」の歌詞に元気づけられた方々も多かったのではないでしょうか。

 フレーフレー被災地の皆さん!!

 

 

 

ひょっこりひょうたん島】   (作詞:井上ひさし・山元譲久  作曲:宇野誠一郎)

波を ちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷ かきわけて
(ちゃぷちゃぷちゃぷ)
雲を すいすいすいすい 追い抜いて
(すいすいすい)
ひょうたん島は どこへ行く
ぼくらを乗せて どこへ行く
うううう―うううう―
丸い地球の 水平線に
何かがきっと 待っている
苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ボクらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう
進め!

ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島

 

 


 

2019年3月23日(土)、「希望のレール」三陸鉄道リアス線が全面開通しました。

 

岩手県大槌町の弊機構直営のコミュニティ・ハウス「どんりゅう庵」スタッフから写真レポートが届きました。

 

当日は、大槌駅前の駐車場に臨時ステージが設けられ、氷点下並みの寒さにもかかわらず、午前10時からのオープンセレモニーや餅まきなどのイベントに大勢の大槌町民が集まりました。

 12時2分に宮古行一番列車が、この日を待ちわびた町民の熱いまなざしの中、大槌駅に到着しました。 8年ぶりに宮古―大槌―釜石が再開した瞬間です。

 大槌駅前のイベントは翌24日(日)にも開催され、大槌は大いに盛り上がりだったそうです。

 

大槌駅前に建設中のコミュニティ・ハウス「どんりゅう庵」の建設工事は順調に進んでおり、2019年8月オープン予定です。

 

写真は、大槌駅に到着した1番列車と大槌町赤浜で受け継がれてきた「陸中弁天虎舞」とイベントに集まった大槌町民の皆さんと「鮭とひょうたん島の町」が愛称の大槌駅です。

   


 

2019年3月23日(土)、岩手県沿岸部の宮古―大槌―釜石が8年ぶりに開通しました。三陸鉄道リアス線は、久慈(久慈市)と盛(大船渡市)の163キロを結び第三セクターの鉄道としては日本最長となりました

 

大槌どんりゅう庵の佐藤悦子スタッフからは「大槌町は氷点下並みの寒さでした。寒さにも負けず大槌駅周辺には大勢の町民・関係者の皆様が集まり大変なお祭り騒ぎでした。当日の乗車希望者も全国から募って乗り切れずに断念した方々も相当数だった様です。これからの大槌町発展、人口増加に大きな期待を持って見守りたいと思います。」との報告がありました。

 

大槌町には、大槌駅(愛称:鮭とひょうたん島の町)、吉里吉里(きりきり)駅(愛称:鳴き砂の浜)と浪板海岸(なみいたかいがん)駅(愛称:片寄波のサーフサイド)の3駅があります。

 

三陸鉄道リアス線の開通を機に、これから美食・絶景・イベント「黄金の国、いわて。」を求めて多くの観光客が訪れることになるでしょう。

 

大槌町PR大使 はなわのブログはこちら

https://ameblo.jp/hanawa-blog/entry-12449098526.html

 

写真は大槌駅前で行われた開業イベントのチラシです。

 


 

3月14日(木)、岩手県大槌町で震災機構が運営しているコミュニティ・ハウス どんりゅう庵の店頭にて行われた地元大槌の「おさなご幼稚園」の園児によるエアロビクス発表会の写真便りが、どんりゅう庵スタッフから届きました。 

 

園児たちが毎週木曜日、楽しく踊ったエアロビクスの集大成の発表です。

 

おさなご幼稚園は25年以上前からエアロビクスに取り組み、2014年2月には日本エアロビック連盟主催の「みんなでエアロビック第 6回全国ビデオコンクール」の「幼児・小学生の部」で全国2位に選ばれたそうです。

 

現在どんりゅう庵が入店している大槌シーサイド・タウンの店頭は、園児たちのお揃いのピンクのユニホームで一足先に春が来たようです。

月14日(木)、岩手県大槌町で震災機構が運営しているコミュニティ・ハウス どんりゅう庵の店頭にて行われた地元大槌の「おさなご幼稚園」の園児によるエアロビクス発表会の写真便りが、どんりゅう庵スタッフから届きました。 

 

園児たちが毎週木曜日、楽しく踊ったエアロビクスの集大成の発表です。

 

おさなご幼稚園は25年以上前からエアロビクスに取り組み、2014年2月には日本エアロビック連盟主催の「みんなでエアロビック第 6回全国ビデオコンクール」の「幼児・小学生の部」で全国2位に選ばれたそうです。

 

現在どんりゅう庵が入店している大槌シーサイド・タウンの店頭は、園児たちのお揃いのピンクのユニホームで一足先に春が来たようです。

 


 

手県最大の地元紙である岩手日報(H31年2月26日)地域版に、「第4回おおつちバラエティーショー」の取材記事が掲載されました。 

見出しは、「町民劇団 観衆に勇気 『青春狂騒曲』を熱演 2回公演、300人超魅了」。

 

弊機構が運営しているコミュニティ・ハウス「どんりゅう庵」の植山竜太郎職員が出演した手作り演劇「劇場で会おう!〜俺とオヤジの青春狂騒曲〜」の模様や観客の反応等が記事にありました。

 観客の声の中に、大槌町桜木町在住でどんりゅう庵スタッフの佐藤悦子さんが取り上げられました。記事には「小さい町でも、これからも頑張っていこうという勇気を与えてもらった。演劇のストーリーのように、若い人が町を盛り上げてほしい」と感激していた。とありました。

  


 

平成31年3月12日(火)、岩手県の三陸鉄道リアス線の大槌駅前に震災機構が運営するコミュニティ・ハウス「どんりゅう庵」の新施設の基礎工事が始まりました。

 

どんりゅう庵の植山竜太郎職員から工事の模様を伝える写真が届きました。

 

「どんりゅう庵」の新施設はまさに「鮭とひょうたん島の町 大槌駅」のすぐ目と鼻の先であることが、写真からよく伝わってきます。

3月23日(土)の開業を控え、大槌駅の公園風駐車場にも車が増えてきたようです。

 

コミュニティ・ハウス「どんりゅう庵」のオープンは8月予定です。

  


 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475