リバスク

鎌倉小町通りにあるリバスク(鎌倉復興支援広場)に、焼き立てパンと菓子の「モーモーハウス大槌」の新商品「エンゼルラスク」の看板が出来ました。

エンゼルラスク」は、モーモーハウス大槌で販売しているシフォンケーキを天使の羽のようにカットし、ラスクとして焼き上げたラスクです。シフォンケーキの香りとサクッと軽い食感をお楽しみください。

 

 エンゼルラスク 定価300円(5個入り) ⇒デビュ-キャンペーン特価 200円で販売中!

 

 他に、フレンチせんべい、ピッコロやラスク(黒糖、ガーリック、シュガ-)などの焼き菓子も取り揃えています。

 

 リバスクでは、次の活動も行っています。

 ★羽生結弦選手の復興支援ポスター(2012年~2021年までに発行された全8種類)の頒布

 ★コロナで苦しむ鎌倉の店舗を支援する鎌倉宅配支援所

 ★ガチャガチャの杜:150台のガチャガチャが勢揃い・

  今は「コナンのコレクションミニトート」・「おむすびマスコット2」が特に人気です。

 

初夏の鎌倉は見どころが沢山あります。

鎌倉にお越しの際には、是非エンゼルラスクの看板を目印にリバスクにお立ち寄りください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

  住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
  TEL : 070-4216-2944

  営業時間: 午前10時〜午後6時

 


 

震災機構は、令和2年10月から新型コロナウイルスの蔓延で苦しむ事業者に、新たな業態としての宅配事業の支援を行なうとともに、今迄希薄だった小町通りの事業者と住民との新たな絆が生れることを目指すと同時に、鎌倉の公益の増進を図ることを理念として、震災機構は新たに宅配支援サービスを始めました。タウンニュース(鎌倉版)の10月9日号にこの活動について記事が掲載されました。


 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの蔓延で苦しむ事業者に、新たな業態としての宅配事業の支援を行なうとともに、今迄希薄だった小町通りの事業者と住民との新たな絆が生れることを目指すと同時に、鎌倉の公益の増進を図ることを理念として、震災機構は新たに宅配支援サービスを始めました。

 鎌倉宅配支援所(略称:鎌宅)は、災害復興支援を行う公益法人の活動で、小町通りの事業者の方のための宅配支援(無手数料)です。 

現時点での加盟店舗は、サーティワンアイスクリーム鎌倉店、不二家レストラン鎌倉店、鉢の木、創作和料理近藤、鎌倉邪宗門、モーモーハウス、歴史探訪社です。今後増えて参ります

 詳しくはコチラ

【配達時間】

支援所運営時間 12:00~20:30(最終配達連絡時間は19:30)

支援所配達時間 12:00~14:00 16:30~20:00

登録店舗によって異なる場合がございます。店舗のページをご確認下さい。

【配達エリア】

鎌倉宅配支援所が宅配サービスを行うエリアは、下記のエリアです。

  • 小町・御成町全域
  • 雪ノ下1丁目ー3丁目
  • 扇が谷1丁目ー2丁目
  • 大町1丁目ー3丁目

 

【鎌倉宅配支援所© 一般社団法人 東日本大震災雇用・教育・健康支援機構】

〒248-0005

 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33 リバスク・ビル2F

(小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分) 

電話: 0467-24-5915

電子メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


 

鎌倉小町通りのリバスク(災害復興支援広場 鎌倉邪宗門)に夏限定のメニューが登場しました!

3種類のかき氷(いちご味、メロン味、ブルーハワイ)とオリジナルかき氷(本気のメロン、みんとチョコ)です。

本気のメロンはメロンの果肉と果汁がたっぷり入った大人の味、みんとチョコは高級ミントソースとチョコレートふんだんに使った贅沢な一品となっています。かき氷全体がくまちゃんの顔にデコレーションしてあります。

この夏限定のメニューとなっておりますので、鎌倉にお越しの際は是非お立ち寄りください。

かき氷(いちご味、メロン味、ブルーハワイ)      店内500円 テイクアウト400円

本気のメロン                     店内800円 テイクアウト700円

みんとチョコ                     店内800円 テイクアウト700円

 

リバスクの収益は、全額被災地支援に使われます。

羽生結弦選手、福島千里選手のポスターも販売しています。

 

【鎌倉リバスク(災害復興支援広場) 鎌倉邪宗門】

 住所:鎌倉市雪ノ下1-5-33 鎌倉リバスクビル2F

 (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)  

 TEL 0467-24-5915 行き方はコチラ    

 

 


 

震災機構リバスク(鎌倉災害復興支援広場)は、神奈川県の要請を受け、コロナウイルス感染防止のため令和2年4月末から臨時休業致しましたが、緊急事態宣言の解除を受け6月2日(火)より営業再開致しました。 

お客様の安心・安全を第一に、座席の間隔を空け店内の換気・除菌等のコロナ対策の徹底を行っています。

本格的な夏到来を受け、フローズンジュレドリンク(ソーダ、オレンジ、カフェオレ)やアイスコーヒー等夏メニューをご用意しています。

また羽生結弦選手ポスターもこれまで通り販売しています。

これから見頃の紫陽花見物などで鎌倉にお越しの際には、是非お立ち寄りください。

スタッフ一同お待ちしています。

 

【鎌倉リバスク(災害復興支援広場) 鎌倉邪宗門】

住所:鎌倉市雪ノ下1-5-33 鎌倉リバスクビル2F

 (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)  

TEL 0467-24-5915 行き方はコチラ    


 

令和2年5月15日付のタウンニュース鎌倉版に、震災機構の活動に協力して頂いている精進・懐石料理「鉢の木」様(鎌倉市山ノ内)と、「鎌倉からの文化発信」をライフワークとしている鎌倉在住の画家  矢野元晴先生の記事が掲載されました。

鉢の木様は、新型コロナウイルス感染予防で3月から休校になった小中高校生を持つ家庭を応援しようと、「こどもごはん」として日替わり弁当を一つ200円で販売され、テレビ等でも大きく報道されました。 

また、矢野元晴先生は、「少しでも被災している方の力になれば」とリバスク(鎌倉災害復興支援広場)で絵画展を開催し、絵の売上の半分を被災地に募金されています。

 

【鎌倉リバスク2F 災害復興支援広場(鎌倉邪宗門内)】

住所:鎌倉市雪ノ下1-5-33 (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)  

TEL 0467-24-5915 行き方はコチラ   

 


 

鎌倉リバスク(災害復興支援広場)は、神奈川県の要請を受け コロナウイルス感染防止のため臨時休業致します。

 

令和2415日(水)~5月中旬を予定

 

お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。


 

コロナウイルス被害で外出が規制される中、令和2年3月31日(火)より鎌倉小町通りのリバスク(災害復興支援広場)で「どんりゅう庵カレー」の宅配サービスが始まりました。宅配は小町・雪の下・扇ガ谷周辺地域になります。

 

今回、どんりゅう庵カレーを提供する植山竜太郎マスターは平成23年まで鎌倉小町東急前で「ゆうゆう庵」を開業し、大変な人気店でした。その後、8年間岩手県大槌「どんりゅう庵」で復興支援活動に携わり、被災地から恩送りの思いで特製カレーを鎌倉の皆様へお送り致します。

 

酸味のきいたトマトベースの「どんりゅう庵カレー」、特製デミグラスソースを使用した「ポークカレー」を価格でご提供致します。鎌倉にいらっしゃいましたら、是非お店にお立ち寄りください。

 

【鎌倉リバスク2F 災害復興支援広場(鎌倉邪宗門内)】

住所:鎌倉市雪ノ下1-5-33 (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)  

TEL 0467-24-5915 行き方はコチラ        


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年3月9日から始めました弊機構の「こどもごはんプロジェクト」が令和2年3月13日付タウンニュース鎌倉版に掲載されました。

 

「子どもに栄養ある食事を」の見出しで、記事は「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中高学校が臨時休校となる中、精進・懐石料理店「鉢の木」(山ノ内350)では弊機構の活動に協力し、こどもとその親などに200円で日替わり弁当を販売する取り組みを開始した。 日本各地にある被災地の支援活動を行う東日本大震災支援機構(田中潤理事長)が『この非常事態にこどもがいる家庭の力になりたい』と同店協力のもと、3月9日から実施。10日のメニューはエビフライや卵焼き、ゆかりご飯など・・」

「同法人が運営する災害復興支援広場リバスク(雪ノ下1の5の33)でも11日から「クリームチキンカレーを200円で販売中」。

 

精進・懐石料理店「鉢の木」様によりますと、お子様だけで来店されることも多く連日完売状況だそうです。

 

また、鎌倉小町通りのリバスク(災害復興支援広場)行き方はコチラでは、岩手大槌の被災地から鎌倉の子供たちへの「恩送り事業」としての「どんりゅう庵のチキンクリームカレー」弁当(限定数で金額200円)も大好評で販売中です。

販売数が限られていますので、お近くの方はお早めにお越しください。


 

昨年12月中旬にリニューアル・オープンしました鎌倉小町通のリバスク(鎌倉災害復興支援広場)が、いよいよ本格的な営業を開始しました。

1階は、お馴染みの「鎌倉小町通りプリン」に新たにタピオカドリンクで有名な「SAHANJI」と、鳥の唐揚げとビールで有名な「からあげ まこちゃん」が加わりました。

2階は、本格的コーヒー純喫茶「鎌倉邪宗門」。伝説の名珈琲店「邪宗門」が鎌倉に復活しました。 また2階に併設した復興支援スペースでは、これまで通り羽生結弦選手ポスターやモーモーハウス大槌のフレンチせんべい等を販売しています。

これから春にかけて鎌倉で梅や牡丹等の花が見ごろになるほか、多くの行事が予定されています。古都鎌倉へ行楽にお越しの際は、是非リバスクにお立ち寄りゆっくりとおくつろぎ下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】 鎌倉駅からの行き方はコチラ

住所:〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
TEL : 070-4216-2944

営業時間: 午前10時30分〜午後5時

 

 


 

鎌倉小町通りにあるリバスク(鎌倉災害復興支援広場)は、改装のため10月14日(月)より一時閉店しています。 新装開店は11月末の予定です。

 

<矢野元晴先生の出版記念展覧会>

リバスク(鎌倉災害復興支援広場)において開催しました矢野元晴先生の画集「平成鎌倉の記憶」出版記念展覧会は、令和元年10月13日大盛況のうちに終了しました。

この展覧会は、読売新聞10月11日(金)朝刊に「平成の鎌倉 水彩画で残す」との見出しで、矢野元晴先生の写真つきで大きく報じられました。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.kamakura.or.jp/archives/1638


 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475