リバスク

いつも弊機構の活動にご支援をいただいている鎌倉在住の画家 矢野元晴先生の水彩印象画「平成鎌倉の記憶」出版記念展覧会が今週末9月14日(土)に鎌倉リバスクで開催されます。 

近隣にお住まいの方はお誘いの上、是非ご来場ください。

 

〖水彩印象画 平成鎌倉の記憶 出版記念展覧会のご案内〗 (以下、展覧会と言います)

                

 この度 水彩画家 矢野元晴先生の画集「平成鎌倉の記憶」が歴史探訪社より出版されることになりました。平成期の鎌倉を歩いて、その風景を絵として残していこうという取り組みで、矢野先生が鎌倉のかけがえのない姿を長く将来に伝えていく思いで描き上げたものです。

つきましては、その原画の展示と画集のお披露目をいたしたく、ご案内申し上げます。是非、お越しください。

  

【展覧会 開催要領】

 

日時  令和元年9月14日(土)

午後3時(開場)~午後7時(閉場)

    ご自由にこの時間内にお越し下さい

場所  鎌倉市雪ノ下1-5-33 リバスク(災害復興支援広場)

    (小町通り 鎌倉駅東口から徒歩5分)

    TEL 070-4216-2944

会費  3,000円(本の贈呈・軽食・ビール・ジュース代含む)

行事  矢野元晴先生との交流会と作品の説明

    展示作品は、本掲載72作品の内、40作品程度を予定

 

※なお、当日より9月30日まで、同会場で原画の販売も行います

鎌倉小町通にあるリバスク(災害復興支援広場)に、浴衣をお召しになった、各地からお集まりのお友達グループのお客様が、仲よくワカメの唐揚げを召し上がってくださいました。

復興支援のお話を少々致しました。

 

ワカメの唐揚げは大人気です。

1人で2個も3個も お買い上げになるお客様が何人もいらっしゃいました。美味しいから 持ち帰って家でも食べたいと おっしゃっていました。

 

8月10日より始めたかき氷は相変わらずの人気が続いています。

氷メロン、氷メロンミルク、ブルーハワイ、ブルーハワイミルク、氷イチゴ、氷イチゴミルク、宇治抹茶、宇治抹茶ミルクと豊富に品揃えしています。

 

鎌倉に来られた際には、是非、リバスクにお立ち寄りください。

 リバスク店内では東日本大震災や西日本豪雨災害の被災地の物産や羽生結弦選手、福島千里選手のポスターも販売しています。

 リバスク(鎌倉災害復興支援広場)の収益金は、全て被災地の復興支援に使われています。

 スタッフ一同お待ちしております。

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
  TEL : 070-4216-2944

営業時間: 午前10時30分〜午後5時

 


 

  (以下、展覧会と言います)

 

初秋の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度 水彩画家 矢野元晴先生の画集「平成鎌倉の記憶」が歴史探訪社より出版されることになりました。平成期の鎌倉を歩いて、その風景を絵として残していこうという取り組みで、矢野先生が鎌倉のかけがえのない姿を長く将来に伝えていく思いで描き上げたものです。

つきましては、その原画の展示と画集のお披露目をいたしたく、ご案内申し上げます。是非、お越しください。

 

 【展覧会 開催要領】

 日時   令和元年9月14日(土)

     午後3時(開場)~午後7時(閉場)

      ご自由にこの時間内にお越し下さい

場所   鎌倉市雪ノ下1-5-33 リバスク(災害復興支援広場)

     (小町通り 鎌倉駅東口から徒歩5分)

     TEL 070-4216-2944

会費   3,000円(本の贈呈・軽食・ビール・ジュース代含む)

行事   矢野元晴先生との交流会と作品の説明

     展示作品は、本掲載72作品の内、40作品程度を予定

 

 ※なお、当日より9月30日まで、同会場で原画の販売も行います。

 

令和元年8月19日

鎌倉市大町2-9-6

歴史探訪社株式会社

鎌倉小町通にあるリバスク(災害復興支援広場)では、8月10日よりかき氷の販売を始めました。

種類は、氷メロン、氷メロンミルク、ブルーハワイ、ブルーハワイミルク、氷イチゴ、氷イチゴミルク、宇治抹茶、宇治抹茶ミルクの8種類です。

 

クーラーの良く効いた涼しい店内でゆっくりと食べられると初日から大人気です。 

やっぱり暑い夏は、かき氷が一番!

鎌倉に来られた際には、是非、りバスクにお立ち寄りください。

 

りバスク店内では東日本大震災や西日本豪雨災害の被災地の物産や羽生結弦選手、福島千里選手のポスターも販売しています。

 リバスク(鎌倉災害復興支援広場)の収益金は、全て被災地の復興支援に使われています。

  

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
  TEL : 070-4216-2944

営業時間: 午前10時30分〜午後5時

 

  かき氷メニュー                  氷イチゴミルク

 

かき氷第1号のお客様は海外から来られた方々です。 

 

本日の素敵なお客様。お二人ともイチゴミルクをお召し上がり下さいました。

鎌倉は、今まさに「紫陽花の季節」です。北鎌倉の明月院さんでは、早朝、門前から北鎌倉駅まで入場待ちの列が続いていた日もあったそうです。

高崎市からのかわいいお客様。鎌倉小町カレーどんりゅう(トマトベースの甘口)を「美味しい」と召し上がり、帰りには、きびだんごを「家族へのお土産に♡」と買ってくださいました。

鎌倉のお土産が岡山県の「きびだんご」で、ご家族はびっくりなさったかも…。

 

リバスク(鎌倉復興支援広場)では、全国の災害被災地の物産を販売し、その収益金をすべてその復興支援に使っています。

 

カレーを召し上がった10代の男性のお客様。とても礼儀正しい方でした。お帰りになった後、コーヒーカップの下にそっと手紙を置いて行かれたことに気が付きました。
とても嬉しい出来事でした。

鎌倉にお住まいのお客様は、リバスクのチラシをご覧になってきてくださったとお話くださいました。
コーヒーセットで寛がれ、 しぐれ揚げと蜂蜜揚をお買い上げくださいました。

このところ、わかめの唐揚げを夕方買って帰られるお客様が増えてきた様に思われます。「揚げるまで待っています」と言って下さる方もいらっしゃいます。わかめの唐揚げの認知度が上がってきたのでしょうか。

わかめの唐揚げは、岩手県大槌町で採れたてのわかめを新鮮なまま急速冷凍し、リバスクで揚げたてを販売中です。わかめの唐揚げの収益も大槌町の復興支援に使われています。

 

リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
TEL : 070-4216-2944

営業時間: 午前10時30分〜午後5時

弊機構は、毎年被災地の小中学校へ修学・学習旅行の助成のほか鎌倉小町通りにリバスク(復興支援広場)を運営しています。

そんなリバスクには、連日たくさん遠足の中学生が来てくださいます。

南足柄から遠足で来ていた中学生さんたち、「トマトベースのどんりゅう庵カレーが 凄く美味しかったです」と喜んで帰られました。

足柄南からのやはり中学生のお客様。何と隣に引率の先生が…和気あいあい賑やかにお過ごしでした。リバスクに立ち寄られた学生さんたちが被災地のことを思いやる心を育んでもらえることを祈っています。

 

 

南足柄から遠足で来ていた中学生のお客様

 

 

足柄南からのお客様。何と隣に引率の先生が…

 

中国からの可愛いお客様

 

三度目のリピーターのお客様からは「絶品カレーだ」とお褒めのお言葉を頂きました。
また、「前回カレーを食べられなかった」と、仰って再訪問して下さったお客様。次回は一人でなくご家族でご来店くださるそうです。

逗子にお住まいで、被災地の子供たちを春と夏にキャンプに招待していると言うお客様もいらっしゃいました。「なかなか、先は見えないですが、お互いに頑張りましょう」と、声をかけて下さいました。

わかめの唐揚げ等お買い上げのお釣りを募金して下さるお客様が多い日もあります。

いろいろなお客様が私たちに元気をくださいます。明日も頑張りましょう!

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
TEL : 070-4216-2944

営業時間: 午前10時30分〜午後5時

 

国内でも人気の観光地の一つ、鎌倉「小町通り」にあるリバスク(鎌倉復興支援広場)には様々なお客様が来られます。

 

【三陸のわかめの唐揚げ】

なつかしい故郷の物産に目をとめられた方、被災地で支援活動をしたことがあったとおっしゃる方、たまたま観光で訪れた鎌倉で故郷の復興支援をしていると気付いて下さった方、羽生選手のポスターをお友達に頼まれたといってたくさんお求めくださった方、外国から日本的な物を求めて鎌倉を訪れた方などなど…。

 

店頭で三陸わかめの唐揚げを売っていると何人もの岩手県出身の方がお声をかけてくださったり、 岡山出身の方が、「むらすずめ」ときび団子をお買い上げ下さったりして、いろいろお話出来ると、とても励みになります。

 

【カレーランチ】

カレーランチは「どんりゅう」と「リバスク」の2種類

鎌倉のゆうゆう庵(震災機構の大槌町コミュニティハウスどんりゅう庵の前身)を覚えていてくださって、「竜太郎さん(どんりゅう庵スタッフ・シェフ)にお世話になりました」と、当時高校生だった方が通りがかりに見付けてお立ち寄り下さったりします。

カナダにお住まいという中国人のご家族がカレーを召し上がった際には、福神漬けに興味津々で、「何という食べ物か、名前を紙に書いて下さい」と聞かれました。「カレーもプリンも 美味しい」とおっしゃっていました。

 

お一人でご来店になったフランス人のお客様は、女子大に留学中で「鎌倉に是非来たかった」とのことでした。どんりゅう庵カレーを召し上がった後で、2階で開催中の「鎌倉を描く作家展」をご覧になっていらっしゃいました。ボルドーご出身の優しそうで控えめな方でした。

 

 

【羽生結弦選手のポスター】

羽生選手のポスターをお求めに埼玉からいらっしゃったというお客様は岩手県のご出身とのことで、羽生選手が平成28年1月に岩手県大槌町の焼き立てパン屋「モーモーハウス」(震災機構直営 現在は休業中)で食べていたラスクの話などもしてくださいました。

捨てネコを拾って「ミウちゃん」と名前をつけて飼っていて、「暑いから、早く帰ってエアコンをつけてあげなきゃ」と、ぶっかけ玄米麺を急いで食べ、11時半過ぎには帰られた優しい方でした。

 

リバスクでは東北、岡山、広島などの被災地の特産品や羽生結弦選手、福島千里選手の復興支援ポスター販売のほか、「鎌倉を描く作家展」(高橋幸子、田口雅巳、田中麻里、矢野元晴の4画家)を開催中です。

さらにカフェコ-ナ-には、小町通りカレ―、岡山産の玄米麺、やきもち、三陸産わかめの唐揚げなどの軽食メニュ-もございます。

 

【人気の被災地特産品】

 かもめの玉子(岩手)、もみじ饅頭(広島)、きびだんご、清水白桃缶詰(岡山)、しぐれ揚げ(千葉)など

 

リバスク(鎌倉災害復興支援広場)の収益金は、全て被災地の復興支援に使われています。

 

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
  TEL : 070-4216-2944

営業時間: 午前10時30分〜午後5時

 

小町通りランチ(カレーとプリン)   三陸産わかめの唐揚げ

 

 

リバスク店内            岡山名物きびだんごのラインナップ

 

 

岡山屋掛のやきもち   福島千里選手の復興支援ポスター

 

 

 

  羽生結弦選手の復興支援ポスター(縦型と横型)セット

 

鎌倉は、連日、夏のような暑さが続いています。

夏といえばカレー! 

リバスク(鎌倉復興支援広場)に鎌倉小町通りカレーとプリンがセットになった「鎌倉小町通りランチセット」が誕生しました。

鎌倉小町通りカレーは、トマトベースのマイルドな「どんりゅう」、デミグラスソースの中辛「リバスク」、そして大辛から激辛までお好みによって辛さの調節が出来る「灼熱」の3種類。

セットのプリンは、小町通りで大人気のCraft Pudding Plant(クラフト プディング プラント)さんの「鎌倉小町通りプリン」です。

 

 

先日、岩手県大槌町どんりゅう庵の長年のファンが鎌倉リバスクに来店されました。

千葉県佐倉市で美容室DEARを経営されている柳沼陽一様です。

柳沼様は、東日本大震災の直後には宮城県、福島県の避難所にて「出張カット」のボランティア活動をされました。

岩手県だけは訪問することが出来なかったことから、翌年から毎年、岩手県を訪問して仮設の商店街やお店で食事や募金をされていました。

そうした中、どんりゅう庵をたまたま知り、その復興支援の活動に共感したこととカレーのおいしさに思いがけずファンになったそうです。

 

リバスクで「どんりゅう」カレーを偶然見かけられ、お食事の後だったにもかかわらず、鎌倉小町通りカレーをお召し上がりくださり、さらにお釣りを募金箱に入れてくださいました。

 

ありがとうございました。この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

 

震災機構は、柳沼陽一様のような方々の温かい善意によって支えられています。

 

 活動で生じた利益は全額、支援に使われています。

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

  住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
      (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
  TEL : 070-4216-2944

  

 

鎌倉はさわやかな一日でした。

なんと、「三崎から歩いてきた!!」という高校生くらいのお客様。カレーを美味しそうに完食したあとに、丁寧に「ごちそうさまでした」と言ってくれました。
とても気持ちが良かったです

羽生結弦選手の復興支援ポスターをまとめて6セット購入してくださった2人組のお客様。「神戸在住の羽生君のファン仲間に送ります」とのことでした。

羽生選手の復興支援ポスターは縦型と横型の2枚一組、大きい物(A2サイズ)が1000円、小さい物(A3サイズ)が700円で販売中です。

リバスク(災害復興支援広場)の収益は、すべて被災地への支援に使われます。

 

 

鎌倉に行楽などでお越しの際には、是非リバスクにお立ち寄り下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
     (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
 TEL : 070-4216-2944

羽生結弦選手の復興支援ポスター 横型        羽生結弦選手の復興支援ポスター 縦型

 

 

リバスク(震災復興支援広場)では、鉢の木様の「できたて おにぎり」弁当を、ゴールデンウィ-ク期間中に販売しました。

大混雑の中、お買い上げいただいたお客様には、リバスク店内でゆっくりお召し上がりいただくもよし、お持ち帰りで青空の下召し上がっていただくもよし、の企画でした。

「できたて おにぎり」弁当は平成30年7月に、大規模水害被害に見舞われた岡山県小田郡矢掛町(やかげちょう)のブランド米でコシヒカリやササニシキの先祖ともいわれている「朝日米」の玄米のおにぎりと、これも朝日米で作ったお味噌(岡山県小田郡矢掛町産大名みそ)の入ったおにぎり弁当です。

ミシュランの星を獲得したことでも有名な鎌倉の精進料理・会席料理店「鉢の木」様が、プロデュースしました。「さすが老舗の技」と、きっとご満足いただけるお味です。

価格は、特上海苔6枚添えでじゃこ・梅・おかかの3個入り500円です。

次回の販売は、6月の紫陽花の頃を予定しています。

リバスクでの収益金はすべて、全国の災害被災地への支援に使われます。

古都鎌倉の歴史と文化、自然とやすらぎを求めて鎌倉を訪れる際には、是非リバスクにお立ち寄りください。

スタッフ一同お待ちしています。

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
     (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
 TEL : 070-4216-2944
 営業時間: 午前10時30分〜午後5時

 

リバスクに夏に向けて、鎌倉小町通りカレーが登場しました。

鎌倉小町通りカレーは、「どんりゅう」「リバスク」「灼熱」の3種類。

かつて鎌倉で営業していた「湘南カレーゆうゆう庵」の懐かしいカレーのリニューアルです。

現在、ゆうゆう庵は、東日本大震災雇用・教育・健康機構(震災機構)の理念に賛同し、震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町に、震災機構のコニュニティー施設「どんりゅう庵」として移転、活動しています。

大槌町の皆さまを応援し続けているカレーを鎌倉で食べて、大槌町の復興を応援しませんか。

災害復興支援広場・リバスクの収益はすべて被災地への支援に使われます。

 

【リバスク(鎌倉災害復興支援広場)】

住所:248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目5-33
     (小町通り中ほど。JR鎌倉駅東口から徒歩約5分)
TEL : 070-4216-2944
営業時間: 午前10時30分〜午後5時

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475