モーモーハウス

○いつもモーモーハウスをご利用いただき、ありがとうございます。
○モーモーハウスは、大槌町からの移転要請を受け、移転の準備のため、3月31日をもってフレンチせんべいとモーモ—ラスクの販売を一時休止いたします。
移転先、休業期間等詳細は、まだ決定しておりません。決定次第、HP上でお知らせいたします。


平成28年9月29日、天皇、皇后陛下が大槌町を視察されました。
両陛下は9月28日、29日の両日、以前より皇室と縁の深い”三陸花ホテルはまぎく”に宿泊されました。その際、”三陸花ホテルはまぎく”の千代川茂社長様を通じて、モーモーハウスのフレンチせんべいを献上することが出来ました。先日、千代川茂社長様が、天皇、皇后両陛下からのお礼として下賜された”和三盆糖菓子”をモーモーハウスまでお届けしてくださいました。本当にありがとうございます。

○7月2日(土)の県道{大槌小鎚線」開通イベントにモーモーハウスも出店しました。御社地公園内の展示・物販エリアには浜焼きや各種ドリンク、自衛隊グッズ、キッチンカー等、たくさんの出店がありました。当日はモーモーハウス
から杉山スタッフと佐久間スタッフが参加。どんりゅう庵の植山マスターも仕事の合間を縫って応援に駈けつけました。用意をしたパンは、おかげさまで午後2時には完売。ありがとうございました。

モーモ—ハウスでは、平成28年7月よりフレンチせんべいのスペシャルバージョンとして、様々なクリームをフレンチせんべいでサンドして、冷たく凍らせた「アイス DE フレンチ」の販売を開始します。
味は、マスカルポーネチーズとストロベリーソースをミックスしたものとチョコレートクリームの2種類。フレンチせんべいのパリパリ感をしっかり残したままクリームとの調和がぜいたくなテイスト感を呼び起こします。
モーモ—ハウスを応援いただいている羽生結弦選手にはじめての試食者としてお出ししたところ、「食レポには向いていないんです」と笑いつつ、「美味しい」との評価をいただきました。現在は、店内での飲食でしかご提供出来ないので、是非、大槌町までお越しくださいね。本当に不思議な美味しさですよ。

震災機構は、大槌町からの新しい食品文化の発信を通じて全国の方々に大槌町の復興への思いを共有していただくことを願っております。

アイスDEフレンチ  チョコレート味
          マスカルポーネストロベリー味
                  いずれも特別価格¥200

○朝から雨降りの大槌です。来庵の皆さんの出足はどうでしょうか。工事現場も雨の為、静かなものです。復興の遅れを言われますが、天気に左右されるのは仕方のないことです。
○赤濱の東京大学海洋センターへデリバリーでカレーをお届けしました。建物は震災でダメージが大きく海の側でもあるので、これを期に山手の方へ新築中です。中央からの研究員もこれからは津波の心配無く勤務できるでしょう。
○ダンプカーの運転手の方。雨の為、お仕事はできるのでしょうか、とお尋ねすると、ダンプカーの運転なのであまり雨は関係ないとのことです。雨天の運転お気をつけて…。



○約10日のゴールデンウィークも過ぎ、今日からスタッフ皆元気に出勤。お天気も良く爽やかな五月晴れ、仕事もスタートです。
○朝晩はまだ肌寒いですが、日中は一時暑くなることがあります。外で働く人にとって一番働きやすい時期でしょうか。しかし、重機の音があまり頻繁にしないことが少し気になります。やはり熊本方面の災害が影響しているのか?大槌の町なかは静かなものです。
○役場応援職員の方。長崎出身で奥様は熊本の方。連休中は仕事で休めず、明日から実家へ行かれるそうです。お宅の被災はそれほどでも無かったそうで、少しボランティア活動をして来ようと思うと話されていました。まだ余震が続いているので、お気を付けください。
○盛岡にある農業改良普及センターの方。沢山地区に農園を作り、地元の人達と調理用トマトを開発栽培研究されています。今年は東京都庁食堂に出荷が決定。以前はタニタ食堂でも使って頂いたことがあったそうです。

○昨年3月、JR山田線の宮古ー釜石間の三陸鉄道への移管が決定し、復旧工事が始まっています。仕事の合間に大槌川橋梁工事の様子を見て来ました。線路は以前列車が走っていた盛土を補強して再利用するようで、遠くにカーブの見えるところに線路が出来るようです。
○山田線の復旧に関しては、宮古ー釜石間の復旧費用210億円の内、現状復旧分140億円はJR東日本が負担、復興まちづくりに関わる70億円を自治体が負担します。自治体は国の復興交付金を充てることになります。更にJR東日本は新型車両の無償提供、軌道強化、人的支援を行い、復旧後の経営安定のための赤字補填として一時金30億円を負担することになっています

○今日は4月最後のカレーパーティーです。連休に入っているので家族連れで出かける方も多いでしょうから、こちらはどうでしょうか。
○釜石からご夫婦で。4〜5日前にもおばあちゃんと食べに来て下さいました。名古屋からご主人がいらしたので連れて来て下さいました。「美味しい!美味しい!」とおほめ下さいました。
○新潟から被災地視察にいらした方。初めての大槌。この後、福幸きらり商店街へ行ってみよう、とのことです。写真は福幸きらり商店街の様子です。
○生徒間で土曜日のカレーパーティーが口コミで広まっているらしく、今日は中学生が9名来庵。無料のどんりゅう庵カレーを食べた他に、2名はチキンカレーを食べてみたいと、有料で食べてくれました。

○朝から雨降り。天気予報、当たりました。ゴールデンウィーク中、天気の心配は中頃にありそうです。
○UR都市機構の方。お天気が悪いのに態々来庵ありがとうございます。やはり時々湘南カレーが食べたくなられるのでしょうか?ありがとうございます。
○4月30日(土)はカレーパーティーです。多くの町民の方々に湘南カレーを食べて頂くという支援の意味もあるので、なるべく大勢のご利用をお待ちしています。ただ、車のあるご家族となると限られてしまうのかもしれません。

最近感じる事。どんりゅう庵前の県道が変更になってから、人の流れが変わってしまいました。気のせいか、人の流れが少ないようです。
仮設からは、車のない人はここまで来るのはまず無理ですし、船のお父さんも漁をしながらだから寄っていただけるようなものです。仮設から自動車で40分かかるのですから大変なことです。他の方も然りです。


 いつもモーモ—ハウスをご利用いただき、ありがとうございます。
 ゴールデンウィーク中の休業日につき、お知らせいたします。誠に勝手ながら、5月1日(日)より5月8日(日)までの期間、モーモ—ハウスはお休みとさせていただきます。いつもご利用していただいているお客様や連休を利用して大槌町にいらっしゃるお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
 なお、5月9日(月)から通常通り営業を再開させていただきます。

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475