震災機構 羽生結弦選手の復興支援ポスターが福島県伊達市立石田小学校様に掲示されました!

震災機構は、東日本大震災復興支援活動の一つとして、被災した東北3県の全ての公立小学校に羽生結弦選手の復興支援ポスターの無料頒布を行い、震災の記憶のない被災地の小学生に、今進みつつある復興の現場で過ごす中で明日に向かって、お互いを積極的に助け合う熱き心を紡いでもらうための一助として、被災3県の小学校への掲示を推進しています。

 このたび、福島県伊達市教育委員会様から伊達市立石田小学校の写真が届きました。ありがとうございます。

伊達市は、福島県中通り北部に位置し、2006年に近隣の5町が合併して誕生した新しい都市です。しかし、その地元の歴史は古く、伊達氏の発祥の地であり、また、江戸時代以降は養蚕業のまちとして発展しました。

高低差がある盆地特有の地形で、果物がおいしく育ち、現在は名産のあんぽ柿や、全国有数の収穫量があるモモの産地として知られています。また、荒々しい岩山が特徴の、日本百景にも選ばれている霊山(りょうぜん)といった山をはじめ、伊達市は自然豊かな土地であふれています。(伊達市観光情報ポータルサイトより引用)


 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル10階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475