被災地の状況・報告

再起する姿を追うドキュメンタリー映画の撮影がスタートしました。

「い・の・ち〜人・まち・自然 東日本復興の記録(仮題)」
の撮影が始まりました。
この映画は、震災で全壊した旅館「小川旅館」の再建工事の様子を撮影するそうです。

写真は、仮設で再建するプレハブの「小川旅館 絆館」です。

小学校の作りをそのまま利用したので、校長室は町長室に、段差のある音楽室は議場になっています。
4階にあったプールは埋めて資料庫にして、非常用発電機や12トンの貯水槽が置いてあるようです。
入り口横には町民が自由に休めるスペースもありました。




昨年末から進めていた旧大槌小校舎の改築工事が終了し、大槌町役場の新庁舎が完成しました。
昨日より職員約170人が仕事を始めています。

上写真:完成した新庁舎
下写真:6/29時点 改築工事中

NPOカタリバが開校しているコラボスクール「女川向学館」を訪問しました。
コラボスクールとは被災地の子供たちに学習指導を行う放課後の学校です。
被災した女川第一小学校の1階を借りて、スクールを開いていました。


庭にあった「風の電話」です。
震災の犠牲者や行方不明者の親族らの「心の復興」のきっかけになればと、建てられました。

電話機の横には
「風の電話は心で話します
  静かに目を閉じ 耳を澄ましてください
   風の音が又(また)は浪(なみ)の音が 
    或(ある)いは小鳥のさえずりが聞こえたなら
  あなたの想(おも)いを伝えて下さい」
と書いてあります。



ベルガーディア鯨山にオープンした森の図書館を訪問しました。
たくさんの本が並べられていました。神奈川のロータリークラブや出版社からの寄贈品が数多く寄せられているようです。

遊歩道の一部は津波によって破壊されていましたが、岩自体に被害はほとんど無かったようです。

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475