被災地の状況・報告

おしゃっち(大槌町文化交流センター)の駐車場において、大槌町防災フェスタ2022が開催されました。その模様や、東日本大震災の語り部としてコミュニティハウス「どんりゅう庵」に来られたお客様に、震災当時の状況について説明を行っている震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

【大槌町防災フェスタ2022】


 

秋が深まり大槌町のツツジなどの紅葉が見事です。 その様子やコミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。


ハロウィンで盛り上がる大槌町の様子や、吉里吉里(きりきり)地区で開催されている「薪(まき)まつり」、恒例のおしゃマル(おしゃっちマルシェ)や、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

 

【大槌町ハロウィンの様子】

【薪まつりポスター】

【おしゃマルの様子】


 

おしゃっち(大槌町文化交流センター)において、いわて生協主催による「コープサロン」が開催されました。布わらじ作りなどサロンの様子や、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

【コープサロンの様子】


 

おしゃっち(大槌町文化交流センター)において、おおづち通り歴史文化交流会その2「大槌稲荷神社と小鎚神社のルーツを知る」学習会が開催されました。 その様子やコミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。


 

お孫さんの5歳 七五三詣りの様子や、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、お嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の報告です。

【小鎚神社への七五三詣り】

【お孫さんを囲んでの祝い膳】

【「町長への手紙」投函箱設置のポスター】


 

大槌商工会主催、大槌町・大槌町観光交流協会後援による第24回おおつち産業まつりが開催されます。 IBC岩手放送の「わが町バンザイ」で先日紹介されたことからコミュニティハウス「どんりゅう庵」には大勢のお客様が来られています。その様子やどんりゅう庵のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

【おおつち産業まつりのチラシ】

【コミュニティハウス「どんりゅう庵」の店内風景】


 

大槌では、秋が日に日に深まり朝晩は寒くなってきました。普段定期的に通っているデイサービスの様子や、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

【デイサ-ビスの様子】


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃっち(大槌町文化交流センター)において、座禅特別企画「吹禅(すいぜん)」(尺八を聴きながらの座禅)鑑賞会が開催されました。その様子やコミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

【吹禅の様子】

【おしゃっち館内案内図】


 

大槌町発行の「応報おおつち」によると3年ぶりに開催された「大槌まつり」(9月16日~18日)の観客数は、コロナ禍にも拘わらず3年前に迫る1万7000人を記録しました。この話題とコミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子理事長代理(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

【大槌まつりの様子】

【コミュニティハウスどんりゅう庵の店内風景】

【モーモーハウス大槌の焼き立てパンの数々】


 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475