被災地の状況・報告

平成23年3月11日に発生した『東日本大震災』で被災し、休業状況となっていた「ますと乃湯」が再建され、6月22日に「三陸四季湯彩 ますと乃湯」としてオープンにすることや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

6月22日のオープンを待つ「三陸四季湯彩 ますと乃湯」

コミュニティハウス「どんりゅう庵」の店内風景


 

国が設立した法的トラブル解決の総合案内である日本司法支援センター(法テラス)大槌出張所令和3年3月末で閉鎖されたことや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。


 

大槌~釜石間の水海(みずうみ)地区の山並を彩る藤の花や、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

大槌~釜石間の水海地区の山並みを彩る藤の花


 

おしゃっち(大槌町文化交流センター)で開かれた加藤訓子(くにこ)氏のパーカッション演奏会や、植山マスターの庭のあじさいや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

 


 

秋サケ漁の記録的な不漁が続く三陸各地でサケやマスの海面養殖が進められており、大槌ではトラウトサーモン(ニジマス)と銀鮭(ギンザケ)を「大槌サーモン」と名付け、特産品として普及を目指し、試験養殖2年目の出荷が開始されたことや、ショッピングセンターマストのコスモドクターや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌在住)の現地報告です。

大槌サーモン

コミュニティハウス「どんりゅう庵」店内風景


 

全国の大槌応援者を対象に売り出した「おおつちに泊まろう宿泊券」(5,000円相当の宿泊支払いに使える件を2,500円で販売)がスタートしたことや、町並みの整理・整地が進んだ大槌町の様子や、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

おおつちに泊まろう宿泊券

城山公園からの遠景

コミュニティハウス「どんりゅう庵」の店内風景


 

令和2年9月に立ち上げた震災機構直営のコミュニティハウス「どんりゅう庵」に設けたコミュニケーションステーション(CS:生活支援事業)スタッフによる庭木剪定の活躍ぶりや、どんりゅう庵のお客様等について、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(大槌町在住)の現地報告です。

CSの庭木剪定作業


 

大槌高校の魅力化推進事業のひとつ「はま留学」第1期生の女子生徒が4月に入学し下宿しながらの学校生活をスタートしたことや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様について震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

大槌高校の「はま留学」第1期生

東京大学海洋研究所の協力による「はま研究会」

コミュニティハウス「どんりゅう庵」の店内風景


 

江戸時代に活躍した地元の豪商 前川善兵衛と江戸の大仏師 安岡良運が関係したといわれている大槌町の不動明王三尊像に関するイベントや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌在住)の現地報告です。

案内リーフレット

展示品

岩手県立博物館専門学芸員による説明


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大槌の町並みと街路樹の花みずきや、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて、震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

街路の花みずき


 

岩手県大槌の山や沿道に咲き誇る山吹の花が、太田道灌の「山吹の里」伝説を思い起こさせてくれました。

鷹狩に出た太田道灌がにわか雨にあい、立ち寄った農家の娘に蓑を乞うたところ、娘は和歌(七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」とともに山吹の一枝を渡したのみで蓑を貸さなかった。

娘は貧乏で道灌様にお貸しする蓑一つもございませんということを、山吹に託してそっと告げたことを、道灌は後から知り自分の無学を恥じ、それ以来和歌に精進し立派な歌人になったという伝説です。

また、コミュニティハウス「どんりゅう庵」のお客様などについて震災機構のお嬢こと佐藤悦子特別顧問(岩手県大槌町在住)の現地報告です。

沿道に咲く山吹

コミュニティハウス「どんりゅう庵」の店内風景


 

 

 

 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル10階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475