お嬢(佐藤悦子スタッフ)の大槌町現地報告12.24(木)

○昨日釜石で交通死亡事故が有り、3日前は鵜住居バイパスでも交通事故が有り道路は渋滞しました。師走もあってか、気持ちがせわしくなってか、気を付けて運転するようにしています。
○今年は雪の無いクリスマスを迎えようとしています。暖冬になるのでしょう。スキー場は雪不足でオープンを遅らせたり頭の痛い部分もある様ですが、暮しやすいという利点は有難いことです。
○仮設住宅にお住いの方のお話。平成30年までには仮設住宅の集約を施行するという。何故、山の奥にある和野仮設にまとめるのか不思議だったが理由が解った。町方地区にある仮設住宅の地権者が明け渡しを要望している。和野は元々休耕地だったところが多く、今すぐ明け渡しということはない。
○今日は初めてのデリバリー場所、大槌高校側の建設会社仮設事務所に行ってきました。大槌小中一貫校校舎を建築中ということです。クレーンを見せてもらったり、ダンプカー専用の道路を特別に通行させていただいたり、未知の体験をして来ました。いろいろな都道府県から仕事に来町されている皆様、ご苦労様です!
○どんりゅう庵では、マスターからクリスマスケーキが提供され、スタッフ3人で今年1年の苦労を労いました。ありがとうございました。今夜は日本中、世界中クリスマスイブ。大槌の仮設にもいろいろなところからボランティアの団体がやって来ているようで、クリスマスパーティーの様な催し物を行い、お菓子等、子供たちに配っているそうです。静岡の団体からは今年もみかんの段ボール箱が沢山持ち込まれました。先日小鎚神社にお札をいただきに伺ったら、そちらでもみかんの袋詰めを配っていました。今年の国の総括でボランティア活動が評価されていましたが、日本は本当に充実していると思います。

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475