お嬢(佐藤悦子スタッフ)の大槌町現地報告1.11(水)

○朝方、少し寒さが厳しかったですが、お昼時は天気も良く、暖かでした。
○正月料理も食べ飽きたのか、役場へのデリバリーも増えてきました。来庵者も大勢いらして下さいました。新しい工事関係者も入っていらっしゃることと思います。
○町内の仮設住宅からお越しのお客様。度々ご利用いただき、色々お話をします。仕事が無くて困っているそうです。
○九州の宮崎から仕事でいらしているお客様。宿泊は会社の寮で、半年位滞在されています。ご苦労様です。2〜3月は寒くなるので気を付けて下さい。
○UR都市機構の方。今年もよろしくお願いします。
○朝日新聞記者の方。仕事柄、情報をお持ちなのでマスターと色々、今後の大槌町の件に関してお話をされました。町方地区が落ち着くのは中々難しいだろうということです。
○町内の大工さん。度々ご利用頂いています。現在、建築業はラッシュの最中。
お仕事も大事ですが、お身体のことや、ケガ等に気を付けてください。今年、来年が仕事のピークかな、とおっしゃっていました。
○午後からチラホラ白いものが風に吹かれて飛び出し、冷えてきました。午後からの来庵者は口癖のように「寒い、寒い」と入って来られます。今まであまりに暖冬でしたので、やっと季節が時期相応になったというところです。ただ、雪が無いだけ、良しとするところです。どんな方々と交流できるか、今年も楽しみです!


一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475