お嬢(佐藤悦子スタッフ)の大槌町現地報告4.27(木)

○朝から町中、どんより曇り空。花曇りもあまり感じなくなり、桜の散り際が物悲しいです。
○県道は立派に整備されましたが、店舗が無いことと、住宅がまだまだ多くないので徒歩で往来する方々はあまり無く、やはり少し静かで寂しい街並みです。
○建設中の戸建ては最近のモダンな設計の家が多く、以前の大槌町とは違った雰囲気の町(街)になりそうです。”大槌はきれいな町になります!”と言われていますが、確かに代償の大きかった分、整った近代的な町になりそうです。それに人口が伴わないでしょうから、静かに落ち着く町になるのでしょう。
○震災後、コンビニ営業の個所が多くなりました。被災地への貢献(雇用等を含む)を主旨としているようです。今後、釜石市片岸町、吉里吉里にも出店予定があるそうです。個人商店と違って利用しやすさが助かっている様です。トイレの利用、一服の利用、雑談の利用等…。

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475