お嬢(佐藤悦子スタッフ)の大槌町現地報告5.26(金)

○今日も朝から雨で寒いです。金曜日は釜石方面にデリバリーがあるので時間的に結構忙しいです。
○町内からのお客様。度々来庵して下さいます。役場でお会いしてお声をお掛けしたところ、寄ってくださるようになりました。
○大槌町釈迦福祉協議会の「生活支援相談員」の方。仮設、復興住宅の方中心にコミュニケーション広場的お手伝いをされています。「お茶っこサロン」では手芸教室等、遠野から先生を呼んで交流をされています。主に60〜70代の女性が参加されています。最近ではカギ針でコースターを作ったり、季節的に鯉のぼりを作ったりされて皆さん楽しんでいる様です。一日2時間で週2回開いているそうです。
○大ケ口から保険業の方。釜石のイオンは復興支援期限の5年が過ぎたら(来年)撤退するのでしょうか。他のスーパーが入り、スポーツジムも入るという噂が流れているが、どうでしょうかと心配されていました。
○朝から雨降りの中、昼時は来庵者が沢山ありました。皆さんここの場所でカレーを食べられるのもタイムリミットが迫っているので今のうちにということで食べに来て下さいます。テイクアウトで8食注文された方もありました。

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475