支援報告

震災機構は、児童相談所などを通じて子供たちにガチャガチャの無料頒布を行っています。

このたび香川県丸亀市のどきどき食堂つ☆な☆ご様様から、子ども食堂を開設しビンゴゲームでカプセルトイをご活用していただいたとのお礼と写真が届きました。

ありがとうございます。

コロナ禍で日常の生活を失った子供たちに少しでも喜んでもらえる一助になればと願っています。


 

震災機構は、社会福祉協議会や児童相談所などを通じて子供たちにガチャガチャの無料頒布を行っています。

このたび、平成30年の西日本豪雨災害で甚大な被害を被った岡山県倉敷市真備町の復興支援を行っている川辺復興プロジェクト あるく(代表 槙原聡美)様から、特定非営利活動法人災害支援団体Gorilla様主催の「真備子ども食堂」でのカプセルトイを無料頒布の模様を伝えお手紙を頂戴しました。

  特定非営利活動法人災害支援団体 Gorilla様は、平成30年7月の西日本豪雨災害被害に遭った倉敷真備町で災害支援をしている団体です。

 

「そこには、災害とコロナによってさまざまな制約がありながらも、生活再建をし
日々の生活を取り戻そうとしている子どもたちが集まります。

8月30日は8月30日「縁日真備子ども食堂」を開催。

そちらのイベントのコーナーで子どもたちにお渡ししました。

カプセルトイは一度開封して、中にひもを通し、鉄製のクリップを付けさせてい
ただきました。

手製の竹竿にて、釣り針の代わりに磁石をとりつけ、安全に釣りができるように
しました。

テストも何度も繰り返し、子どもの力でゆっくりとつれば釣れる!ことを確認し
て行いました。

これが大人気で押し寄せるように子どもたちが遊んでいました。

利用者は60名を超えていました。

ありがとうございました。」

コロナ禍で地域や保護者の交流の機会が持てなかった中で、幣機構のカプセルトイが、こうした地域住民の皆さまの交流のきっかけの一助になれればと願っています。

【「縁日真備子ども食堂」でのカプセルトイ釣りゲーム】  


 

震災機構は、児童相談所などを通じて子供たちにガチャガチャの無料頒布を行っています。

このたび福島県須賀川市の福島学園様から、サマーキャンプでカプセルトイをご活用していただいたとのお礼と写真が届きました。

ありがとうございます。

コロナ禍で日常の生活を失った子供たちに少しでも喜んでもらえる一助になればと願っています。

 「このたびは、カプセルトイを御頒布くださいましてありがとうございました。
8/20(土)に開催いたしましたキャンプファイヤーで、
レクリエーションの宝拾いに使わせていただきました。
あいにくの雨で、体育館でのキャンドルファイヤーとなりましたが、
子ども達は拾ったカプセルをさっそく開けて、とても喜んでいました。
おかげさまで、夏休みの楽しい思い出となりました。
心より感謝申し上げます。」


【宝拾いの模様】


 

震災機構は、児童相談所などを通じて子供たちにガチャガチャの無料頒布を行っています。

このたび福島県白河市の社会福祉法人 白河学園様、児童養護施設 白河学園様から、サマーキャンプでカプセルトイをご活用していただいたとのお礼状が届きました。

ありがとうございます。

コロナ禍で日常の生活を失った子供たちに少しでも喜んでもらえる一助になればと願っています。

【サマーキャンプでのカプセルトイくじ引きの模様】


 

震災機構は、児童相談所などを通じて子供たちにガチャガチャの無料頒布を行っています。

令和4年8月10日、横浜市こども青少年局の中央児童相談所 深見和夫副所長様が幣機構事務所に受け取りに来られました。

あいにく田中潤理事長が所用で不在のため、代理でスタッフの真鍋と清水が感謝状を頂きました。ありがとうございます。

コロナ禍で日常の生活を失った子供たちに少しでも喜んでもらえる一助になればと願っています。

【ガチャガチャ贈呈(中央が深見副所長様)】

【頂いた感謝状】


 

震災機構は、児童相談所などを通じて子供たちにガチャガチャの無料頒布を行っています。

このたび宮城県仙台市の児童養護施設ラ・サール・ホーム様からお礼状が届きました。ありがとうございます。

コロナ禍で日常の生活を失った子供たちに少しでも喜んでもらえる一助になればと願っています。


 

 

 

いつも弊機構を支援して下さっている「スポ-ツカフェ ヤンキ-ス」様が募金箱を設置して下さっています。 ありがとうございます。

1979年創業のヤンキ-ス様は、関内駅前セルテビル6階の好立地にあり、店内の大型スクリ-ンではプロ野球開催中は地元球団 横浜ベイスターズの試合をフルオンエアー、熱狂の中での新鮮な食材のお料理と多彩なお酒 ドリンクを楽しみながらの観戦。シーズンオフは各種タイムリーなスポーツを放映しスポーツライブ感覚の古き良き横浜を感じさせるスポーツライブカフェです。

【レジ前中央に置かれた募金箱】

【入り口】

【豊富なメニュ-のディスプレイ】

【横浜ベイスターズのマスコットがお出迎え】

【客席の壁には大洋ホエ-ルズ時代を含む歴代の監督写真】

 


 

大槌復興状況の視察をして参りました。町は本当に綺麗になりましたが、人口減少は止まりません。様々な皆様の支援を引き続きお願いします。

【事業主を助ける応援券】

【大槌駅ホーム】

【大槌駅】

【城山からの風景 中央の建物がおしゃっち】

【希望の灯り  1995年阪神淡路大震災で被災した神戸市の「1.17希望の灯り」からの分灯】

【2021年6月オープンしたますと乃湯遠景】


 

復興の象徴の建物おしゃち(大槌町文化交流センター)の4周年イベントです。沢山の若い人たちが集まり、コンサートが開催され、屋台が並びました。

 おしゃっちは、東日本大震災の津波で被災した御社地周辺にあった図書館、御社地ふれあいセンター等を一つに集約した施設で、地元産の木材で作られ、手を広げたような構造で屋根を支え、お互いが手で結び合っている、それを具現化したデザインで、「手をつなぎ、みんなで支える大槌町」というキーフレーズになっているそうです。

【特設ステ-ジで行われるコンサートやフラダンスを待つ人たち】

【勢揃いした屋台】


 

モーモーハウスのラブソングを鳴らしながら、連日復興住宅に出張販売を展開しました。

吉里吉里、大が口,桜木町、小鎚、釜石鵜住居地区の民家も訪問販売。

パンは完売で足りなくなったほどです。

途中でマイクが壊れるハプニングがありましたが、地声で販売しました。

【出張販売に出陣 車に積み込み準備する天沼さん】

【復興住宅へ宅配訪問】

【3人の老婦人が一人5個づつぐらい購入してくれます】

【マイクを使っての販売に大勢出てきてくれます】

 


 

一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1 STビル2階
TEL:045-228-8624 FAX:045-228-8475